TOP > コンテンツ > Airbnb(民泊)が注目されている理由

■これからの日本で大注目!Airbnb(民泊)ビジネス 2016年3月現在、なぜAirbnb(民泊)が注目されているかご存知でしょうか? それは「円安」と「ホテル不足」、そして「空き家の増加」です。 これらの要素を順番に見ていきましょう。 ■円安により旅行者急増! 現在、日本銀行の異次元緩和やマイナス金利などにより、為替レートは一時120円台中盤、少し落ち込んだ2016年の3月現在でも114円台周辺を推移しています。 これにより、「海外からの旅行者が急増」しております。 国土交通省の調べによると、平成23年度(西暦2011年)の旅行者数が1,842万人、平成25年度(西暦2013年)が3,350万人、そして平成27年度(西暦2015年)が6,637万人と増加の一途をたどっております。 つまり、近年急速に宿泊施設の需要が増えているというわけですね! ■旅行者激増!でも、宿泊施設は・・・。 さて、その一方で、宿泊施設数は減ってきています。 厚生労働省の衛生行政報告例のデータによると、平成26年3月末現在の旅館業の営業許可施設数は、7万9,519施設であり、前年度より893施設の減少となっており、しかも施設数のうちは2万5,560施設は「簡易宿」となっています。 当然、泊りがけで旅行をする海外の方が増えると、宿泊施設が必要となってきます。 そのため、現在は都市中心部で深刻な宿不足が発生している状態です。 ■日本人口の減少と空き家の増加 一方、日本の人口は減少し、空き家が増えてきています。 総務省統計局の人口統計調査によると、平成28年2月1日現在の人口概算値は1億2681万人で前年同月に比べマイナス18万人(マイナス0.14%)、となっております。 これにより空き家が増え、「なんとか空き家を活用できなか・・・?」と考えていた折に旅行者の増加が重なったため、Airbnb(民泊)が見直され、規制緩和などを行い、国政事業プランニングとして行われている、というのが現状です。 つまり、今もっともタイミングが良いわけですね! ■まとめ ・注目されている理由は「旅行者の増加」と「宿不足」 ・宿泊施設が足りないため、政府も規制緩和を行い、民泊を導入しやすくしている!
Airbnbの丸秘情報はコチラ